【謙信越山】 著:乃至政彦 ナレーション:久松正博

歴史

聴く読書
ナレーターが朗読した本をアプリで聴けるサービスです。
通勤中に、運動しながら、お休み前など、いつでもどこでも聴くだけで読書ができます。
移動中や作業中などが読書の時間に。
オフライン再生もOKです。

スポンサーリンク

まずは気軽に無料体験!
スポンサーリンク

まずは気軽に無料体験!








群雄割拠の戦国時代、常に戦に勝利し、戦国最強と謳われる武将・上杉謙信。

彼は越後から関東へ「十数回」の遠征を繰り返した。

この遠征は「越山(えつざん)」とも呼ばれ、険しい山々を越えたことから、この呼び名が定着した。

越山は謙信が31歳から16年ほど続けられ、49歳の時、最後となる越山計画の出陣前に倒れ、そのまま帰らぬ人となった。

謙信はなぜ、エネルギーの多くを越山に費やしたのだろうか。

「義侠」という道楽か、それとも「略奪」という実益か。

越山の真相とともに、武田信玄、北条氏康ら同時代を駆け抜けた武将らの活躍も網羅した、関東戦国史の幕が開く。


【謙信越山】

著:乃至政彦 ナレーション:久松正博






 
タイトルとURLをコピーしました