【お金はその人の「価値」ではなく「影」である】 著:石田衣良  ナレーション:遠藤純平

人生論

聴く読書
ナレーターが朗読した本をアプリで聴けるサービスです。
通勤中に、運動しながら、お休み前など、いつでもどこでも聴くだけで読書ができます。
移動中や作業中などが読書の時間に。
オフライン再生もOKです。

スポンサーリンク

まずは気軽に無料体験!
スポンサーリンク

まずは気軽に無料体験!







今回の質問:

衣良さんのお金に対する考え方を教えて下さい。
一つ目、お金の管理や貯金、運用などをどのように考えていますか。
例えばご夫婦で役割分担をされているのでしょうか。
そして二つ目は、心理面でお金とどう向き合っているのでしょうか。
お金がなくなるかもしれない、という恐怖を感じたことはありますか?
もしそうなったら、どのように向き合えばいいのでしょうか。

石田衣良の答え:

これに関してはあんまりきっちりしてないですね。
モンテーニュは、「結局、収入と支出っていうのは二頭立ての馬車みたいに、適当に競わせて走らせればそれでいいんだ」って言っていました。
彼は地方の貴族で自分の荘園を持っていて、その上素晴らしい運営家だったんですけど、それでもそんなことを言っていましたから。
あんまり神経質に考えなくていいんじゃないかな。
だから結局、「収入と支出がぐるぐる回っていればそれでいいんだよ」って感じなんだよね。


詳しくはこちら


 
タイトルとURLをコピーしました