【線は、僕を描く】 著:砥上裕將 ナレーション:白石兼斗

小説

聴く読書
ナレーターが朗読した本をアプリで聴けるサービスです。
通勤中に、運動しながら、お休み前など、いつでもどこでも聴くだけで読書ができます。
移動中や作業中などが読書の時間に。
オフライン再生もOKです。

スポンサーリンク

まずは気軽に無料体験!
スポンサーリンク

まずは気軽に無料体験!








両親を交通事故で失い、喪失感の中にあった大学生の青山霜介は、アルバイト先の展覧会場で水墨画の巨匠・篠田湖山と出会う。

なぜか湖山に気に入られ、その場で内弟子にされてしまう霜介。

それに反発した湖山の孫・千瑛は、翌年の「湖山賞」をかけて霜介と勝負すると宣言する。

水墨画とは、筆先から生みだされる「線」の芸術。

描くのは「命」

はじめての水墨画に戸惑いながらも魅了されていく霜介は、線を描くことで次第に恢復していく。


【線は、僕を描く】

著:砥上裕將 ナレーション:白石兼斗

4.0





 
タイトルとURLをコピーしました