【鉄道員】 著:浅田次郎 ナレーション:榊原忠美

小説

聴く読書
ナレーターが朗読した本をアプリで聴けるサービスです。
通勤中に、運動しながら、お休み前など、いつでもどこでも聴くだけで読書ができます。
移動中や作業中などが読書の時間に。
オフライン再生もOKです。

スポンサーリンク

まずは気軽に無料体験!
スポンサーリンク

まずは気軽に無料体験!








娘を亡くした日も、妻を亡くした日も、男は駅に立ち続けた。

そのとき、娘さんは、奥さんは、何を思ったろう。

さみしかったのではないか。

うらんでいたかもしれない。

すくなくとも、すごいなあ、立派な人だなあ・・とは思っていなかったに違いない。

家庭をさしおいて、義務を優先した男が、単純に偉いとは思えない。

けれども、ひたむきに懸命に生きてきた姿には、敬意を表さずにはいられない。

こんな風な尊い生き方ができるかどうか。

いやまず、そんな風に生きたいと思えるかどうか。

涙をさそいがちな胸にせまる小説を、朗読演出家水城雄と榊原忠美のコンビが渋く読みあげました。


【鉄道員】

著:浅田次郎 ナレーション:榊原忠美

2.0





 
タイトルとURLをコピーしました