【ほかならぬ人へ】 著:白石一文 ナレーション:吉田健太郎

小説

聴く読書
ナレーターが朗読した本をアプリで聴けるサービスです。
通勤中に、運動しながら、お休み前など、いつでもどこでも聴くだけで読書ができます。
移動中や作業中などが読書の時間に。
オフライン再生もOKです。

スポンサーリンク

まずは気軽に無料体験!
スポンサーリンク

まずは気軽に無料体験!








二十七歳の宇津木明生は、財閥の家系に生まれた大学教授を父に持ち、学究の道に進んだ二人の兄を持つ、人も羨むエリート家系出身である。

しかし、彼は胸のうちで、いつもこうつぶやいていた。

「俺はきっと生まれそこなったんだ」

サッカー好きの明生は周囲の反対を押し切ってスポーツ用品メーカーに就職し、また二年前に接待のため出かけた池袋のキャバクラで美人のなずなと出会い、これまた周囲の反対を押し切って彼女と結婚した。

しかし、なずなは突然明生に対して、「過去につき合っていた真一のことが気になって夜も眠れなくなった」と打ち明ける。

真一というのは夫婦でパン屋を経営している二枚目の男だ。

「少しだけ時間が欲しい。その間は私のことを忘れて欲しいの」と、なずなはいう。


【ほかならぬ人へ】

著:白石一文 ナレーション:吉田健太郎

3.9





 
タイトルとURLをコピーしました