【もしも徳川家康が総理大臣になったら】 著:眞邊明人  ナレーション:真田新三

小説

聴く読書
ナレーターが朗読した本をアプリで聴けるサービスです。
通勤中に、運動しながら、お休み前など、いつでもどこでも聴くだけで読書ができます。
移動中や作業中などが読書の時間に。
オフライン再生もOKです。

スポンサーリンク

まずは気軽に無料体験!
スポンサーリンク

まずは気軽に無料体験!





4.5

2020年。

新型コロナの初期対応を誤った日本の首相官邸でクラスターが発生。

あろうことか総理が感染し、死亡する。

国民は政府を何も信頼しなくなり、日本はかつてないほどの混乱の極みに陥った。

そこで政府はかねてから画策していたAIとホログラムにより偉人たちを復活させ最強内閣をつくる計画を実行する。

AIにより総理大臣に選ばれたのは、江戸幕府の創始者である徳川家康。

経済産業大臣には織田信長、財務大臣に豊臣秀吉、厚生労働大臣に徳川綱吉、法務大臣に北条政子、外務大臣に足利義満など錚々そうそうたるメンバーの中で、皮肉にも総理大臣の補佐役である官房長官に選ばれたのは、江戸幕府を終わらせた男・坂本龍馬だった。

そんな歴史に名を刻む面々で組閣された最強内閣は、迅速な意思決定で、東京ロックダウン、50万円給付金、リモート国会、令和版楽市楽座、リモート万博など、大胆な政策を次々と実行していく。

最初は「過去の人間に政治ができるのか」と半信半疑だった国民も、偉人たちのえげつない決断力と実行力に次第に歓喜し、酔いしれていくが・・・

時代を超えたオールスターは未曾有の危機にどう立ち向かうのか!?

そして、ミッションを果たした先に待ち受けていたものとは・・・


詳しくはこちら


 
タイトルとURLをコピーしました