【86 ‐エイティシックス‐】 著:安里アサト  ナレーション:青木紫水

小説

聴く読書
ナレーターが朗読した本をアプリで聴けるサービスです。
通勤中に、運動しながら、お休み前など、いつでもどこでも聴くだけで読書ができます。
移動中や作業中などが読書の時間に。
オフライン再生もOKです。

スポンサーリンク

まずは気軽に無料体験!
スポンサーリンク

まずは気軽に無料体験!





サンマグノリア共和国。

そこは日々、隣国である「帝国」の無人兵器《レギオン》による侵略を受けていた。

しかしその攻撃に対して、共和国側も同型兵器の開発に成功し、辛うじて犠牲を出すことなく、その脅威を退けていたのだった。

そう・・・表向きは。

本当は誰も死んでいないわけではなかった。

共和国全85区画の外。

《存在しない“第86区”》

そこでは「エイティシックス」の烙印を押された少年少女たちが日夜《有人の無人機として》戦い続けていた。

死地へ向かう若者たちを率いる少年・シンと、遥か後方から、特殊通信で彼らの指揮を執る“指揮管制官(ハンドラー)”となった少女・レーナ。

二人の激しくも悲しい戦いと、別れの物語が始まる。


詳しくはこちら


 
タイトルとURLをコピーしました