【かんかん橋を渡ったら】 著:あさのあつこ  ナレーション:久嶋志帆

小説

聴く読書
ナレーターが朗読した本をアプリで聴けるサービスです。
通勤中に、運動しながら、お休み前など、いつでもどこでも聴くだけで読書ができます。
移動中や作業中などが読書の時間に。
オフライン再生もOKです。

スポンサーリンク

まずは気軽に無料体験!
スポンサーリンク

まずは気軽に無料体験!





四方を中国山地に囲まれた、寂れた温泉町にかかる小さな石橋『かんかん橋』

食堂『ののや』の一人娘真子は、毎日その橋を渡って学校に通っていた。

真子と父を残して出て行った母。

かつて白無垢をまとい嫁入りしてきた写真館の老婆。

町を去り愛する人とともに帰ってきた踊り子。

誰もが『かんかん橋』を渡る。

小さな食堂を舞台に、精一杯生きる女たちのたくましさ、しなやかさを鮮やかに描き出した、人気作家の長編傑作。


詳しくはこちら


 
タイトルとURLをコピーしました