【ネコババのいる町で】 著:瀧澤美恵子  ナレーション:河野茉莉

小説

聴く読書
ナレーターが朗読した本をアプリで聴けるサービスです。
通勤中に、運動しながら、お休み前など、いつでもどこでも聴くだけで読書ができます。
移動中や作業中などが読書の時間に。
オフライン再生もOKです。

スポンサーリンク

まずは気軽に無料体験!
スポンサーリンク

まずは気軽に無料体験!





わずか三歳でロスアンジェルスから一人、日本へ送られた恵里子は、実の母に捨てられたショックで失語症に陥る。

家にいるのは気性のはっきりした叔母と口さがない祖母のふたり。

隣家には「ネコババ」と祖母が呼ぶ女性。

ネコババの家にはやさしいおじさんと「ネコバン」

行き場のない幼い少女の心をなぐさめるのはネコたち。

生みの親が不在の家庭で、恵理子は人間のきずなというものを学んで成長していくが・・・

第102回芥川賞受賞作。


詳しくはこちら


 
タイトルとURLをコピーしました