【本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません ~ 第四部 貴族院の自称図書委員 01】 著:香月美夜 ナレーション:井口裕香

ライトノベル

聴く読書
ナレーターが朗読した本をアプリで聴けるサービスです。
通勤中に、運動しながら、お休み前など、いつでもどこでも聴くだけで読書ができます。
移動中や作業中などが読書の時間に。
オフライン再生もOKです。

スポンサーリンク

まずは気軽に無料体験!
スポンサーリンク

まずは気軽に無料体験!








約二年間の眠りから目覚めたローゼマイン。

周囲の変化は大きく、浦島太郎状態に不安がいっぱい。

けれど、休む間もなく、貴族になるための学校「貴族院」へ入学する。

そこは魔力の扱いや魔術具の調合を教えられ、領主候補生は領主として領地を治めるための魔術を学ぶ場。

個性的な教師や他領の子供達と一緒に寮生活をしながら、成長を目指す・・・はずが、院内に大型図書館があるとわかって大変。

王族も領主候補生もほぼ眼中になく、ローゼマインは図書館へ突き進むのだった!


本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません ~ 第四部】

著:香月美夜 ナレーション:井口裕香






 
タイトルとURLをコピーしました