【企業として見た戦国大名】 著:真山和幸  ナレーション:宮負潤

ビジネス・経済

聴く読書
ナレーターが朗読した本をアプリで聴けるサービスです。
通勤中に、運動しながら、お休み前など、いつでもどこでも聴くだけで読書ができます。
移動中や作業中などが読書の時間に。
オフライン再生もOKです。

スポンサーリンク

まずは気軽に無料体験!
スポンサーリンク

まずは気軽に無料体験!







働きがいのあるのはどの戦国大名?

戦国大名の強さの秘密は、現代の企業に見立てることで、よくわかる。

私たちが生きる現代社会では、各企業がしのぎを削って競争し、従業員の雇用を守りながら、利潤を追求している。

組織が大きければ大きいほど、強大なパワーを持ち、市場を我が物顔で跋扈する。

一方で、スタートアップしてまもない企業が独自の技術で市場を創出し、時には大企業をもしのぐ勢いを見せることもある。

織田信長、豊臣秀吉、徳川家康といった名だたる戦国大名たちもまた、現代企業の経営者と同じく、人材をリクルートし、育成して、成果を上げるべく、トライアンドエラーを繰り返していた。

勇猛果敢にみえる戦国武将たちも、マネジメントに苦悩しながら、暗中模索し、失敗と成功を繰り返しながら、組織のリーダーとして、悩み多き日々を過ごしていたのだ。

本書では、13の戦国大名家を企業に見立て、その経営戦略をイチから解説。

食うか食われるかの実力社会で、戦国大名がどのように生き抜いたかがわかる一冊。


詳しくはこちら


 
タイトルとURLをコピーしました