[当サイトはアフィリエイト広告を利用しています]
PR

【WOKE CAPITALISM 「意識高い系」資本主義が民主主義を滅ぼす】 著:カール・ローズ / 庭田よう子 / 中野剛志

社会
[本ページはプロモーションが含まれています]

聴く読書
ナレーターが朗読した本をアプリで聴けるサービスです。
通勤中に、運動しながら、お休み前など、いつでもどこでも聴くだけで読書ができます。
移動中や作業中などが読書の時間に。
オフライン再生もOKです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク





近年「WOKE」という言葉がよく使われている。

「wake=目を覚ます」という動詞から派生したこの言葉は「社会正義」を実践しようとする人びとの合言葉になっている。

たとえば、一般消費者向け企業が、気候変動、銃規制、人種平等、LGBTQなど性的平等、性的暴力廃絶などに参加する様子は「Woke Capitalism」と呼ばれる。

Woke Capitalismの実践で成功した企業は「社会正義」に取り組むことで、株主価値向上にも顧客の開拓・維持にもつながる。

一方で、リベラルなWokeの実践は保守層の反動を煽り、その反動による投票行動で政治は企業に優しい保守党に委ねられる。

トランプ現象はその象徴だ。

あまつさえ伝統的に企業に優しい保守党派により減税にも与れる。

「Woke」を糧にしたキャピタリズムというわけだ。

ある意味で企業にとっては無敵である。

ただし、社会には深刻な分断がもたらされ固定化し、民主主義が破壊されることにもつながってしまう。

「WOKE」という切り口で、企業が社会問題に取り組むことそのものが本音レベルで利益に直結する現代資本主義の構造と裏側を読み解く、オリジナルかつユニークな論考。