【マッチ売りの少女】 著:ハンス・クリスチャン・アンデルセン ナレーション:ささきのぞみ

小説

聴く読書
ナレーターが朗読した本をアプリで聴けるサービスです。
通勤中に、運動しながら、お休み前など、いつでもどこでも聴くだけで読書ができます。
移動中や作業中などが読書の時間に。
オフライン再生もOKです。

スポンサーリンク

まずは気軽に無料体験!
スポンサーリンク

まずは気軽に無料体験!








大晦日の夜、小さな少女が一人、寒空の下でマッチを売っていた。

マッチは売れなかったが、家に帰るとお父さんに怒られるため、帰ることもできない。

寒さのあまり少女は売り物のマッチを一本、シュッと音を立てて火をつける。

マッチの炎と共に現れたのは、暖かいストーブや美味しそうな鵞鳥の料理。

それは、火が消えると消えてしまう、幻想であった。

それでも少女は、次々とマッチを擦っていく。







 
タイトルとURLをコピーしました